Browsing articles from "3月, 2008"
3月 21, 2008
Master_BossAdmin

知らぬが仏

Share on Facebook

3週間以上前のことですが、夜帰るのがずっと遅くて
帰宅すると家族は就寝中。
1人で食事(いつもですが)その後お風呂に入ります。
そのお風呂の出来事です。
体を洗うのに石鹸を使いますが、その石鹸が切れていました。
切れる前から石鹸が残り少ないのには気がついていましたが
いつかは嫁が新しいのを入れるはずと、たかをくくっていました。
でも少し引っかかったことがありました。
それはいつもシャンプー・リンス・石鹸とも残りが少ないときには、嫁が新しいのを使い、私はいつもそれを使い切る役目。
やっと使い切る頃には、次のものが、残り少なくなってまた使い切る。
それがずっと続いているのに何故今回は新しいのが無いのかなと
思い、嫁も新しい物を私にもやっと使わしてくれるんだとばかり思っていました。
そしてその石鹸もなくなり、困っていると、浴室の隅に石鹸らしきものがあります。
前からずっと何かなとは思っていましたが、
先に述べたとおり、嫁が新しいのを入れ忘れるわけ無いと思っていた私は、たぶんこれが石鹸だと思い込みタオルにそれをつけます。
しかし泡だちが今1つ、いやいま2です。でも匂いはいい方でした。
そしてそれが石鹸だと思っている私は、何日もそれで体を洗っていました。
先に言ったとおり泡だたたないので、いつもより一生懸命力を込めて体を洗っていました。
そしてそれを10日位使ってやっと嫁とその話をする機会があり
(10日ぶりに会話したわけではありませんのでそのあたり勘違いしないようにお願いします)
何故あの石鹸は泡立たないのか教えてくれと言うと、嫁がビックリして言います。
「あれは固体のリンスで、石鹸はもう1つ固体の紫色のがあるからそれが石鹸やけんそれ使って」
今度は私が「えっ」です。
てっきり私が使っていたものが石鹸で
その紫色のものはシャンプーだとばかり思い、そう使っていました。
そうです実はシャンプーも無かったのです。
でもその紫色の物は少し使うとものすごく泡立つのでてっきりシャンプーかと・・・・・
石鹸はタンクに入っているものか、固形だろう。
シャンプーは石鹸より泡立つのが普通だろう。
リンスがなんで固形なんだ。おかしいだろう。
結果私は何日も知らずに一生懸命間違った物で体、頭を
洗っていたということです。
どおりで頭がキシュキシュするなとは思っていました。
でも翌日の頭のセットは簡単で、逆に気に入ってたのに・・・
そしてその間、いくら力を入れて体を洗ったとしても、少しは体が臭かったんじゃないかなと思う(加齢臭?)を漂わす親父でした。
知らぬが仏とはこのことです。チャンチャン。
追伸 昔は石鹸(固形)1つで体も頭も洗っていました。
いつのまにかタンクが登場しりンス、シャンプーのみならず石鹸までもがタンクに入った頃から世の中が変わってきました。
昔のように1つだったら迷わなくてすむのに、最近の世の中は妙に新しいものができて困ると思い、くどくどと変な理屈をこねている私です。
もう1つタンクにも文句を言いたい。
何故最後まできちんと出ないのか。
いつも私は蓋を開けて、タンクを逆さまにして、
特にリンスは最後の方は振って出し、本当に最後はお湯を入れて、粘り気を薄めてまで使っているのに、
何故タンクの底を改良しない。簡単にできると思うのに。
あ~疲れました。くどくどとつまらないことを書きすぎました。
これで終わりにします。
それでは次回のブログで。

3月 16, 2008
Master_BossAdmin

久しぶり

Share on Facebook

昨日はゴルフでした。
素晴らしい天候に恵まれ気持の良い日となりました。
スコアの方は素晴らしい天気でしたということにしておきます。
でもやっぱりゴルフは、練習量に比例すると思います。
私みたいに、年数回のゴルフしかも練習は一切しないのでは
上達はありえない。
スコアは、その日のボール任せで決まる。
おかげで今日は筋肉痛です。
スコアのいい日はまったく筋肉痛にならないのに
やはりフォームがばらばらで、
余計なところに力が入っているのが
(どこに入っているのか解りませんが)
良くわかります。
でも大自然(人工的ですが)に触れて
少しは体もリラックスできたかなと思いうことにして
明日からまたがんばってやるぞという気にさせてもらった
昨日でした。
追伸 家族は家で留守番です。ゴメン
今度の休みは遊んでやるから。いや遊べると思う
いや遊べるかな?・・・・・・・

3月 14, 2008
Master_BossAdmin

準備

Share on Facebook

今日はホワイトデー。
只今時刻は22時40分
まもなく帰宅です。
帰宅前に、今からお返しを買いに行ってきます。
まだ今日は終わってません。
まだ間に合う。
準備ができてないからこうなってしまう。
ぎりぎりにならないと、動かない。
困った者です。
何事も前準備が大切。
間に合えばいいと言うものではない。
プライベートも・仕事も!
今日の反省(いつもは格言です)
【段取り7分・今日3分】

3月 13, 2008
Master_BossAdmin

お待たせ

Share on Facebook

お待たせしました。ブログ更新です。
今回は、前回の延長!
TDLにいった話はしました。
その後3日間仕事をして、また東京に2日間行ってきました。
10日間のうちに6日間東京です。
おかげで仕事は溜まりっぱなし。体の疲れはありませんが
精神的に追い詰められそうです。
とは言っても、ブログをUPするぐらいの余裕が
今あるということは、そうでもないのかなと思っています。
まあどちらにせよ、沢山の仕事があるということは
ありがたいことです。
私が留守中も社員は一生懸命できることをしてくれてたらしく
何事も無く、私は業務に打ち込むことができます。
ありがたいことです。
私が目指している会社である
(一人一人ができるだけのことをやる)
それが【自立した社員を創る】の第一歩!
その事が、社員に染み付いてきていると実感できます。
まだまだ目指すものは遠いけど、今回の出張続きで
うすうす感じていたことに、改めて気がついた
今回でした。
さてこれから一生懸命仕事をして、なるべくブログも
UPしていきますので、よろしくお願い致します。
☆教えて
  携帯でブログをUPする方法がわかりません
   それをマスターすることができたらもっと
   UPできるのですが・・・・

3月 3, 2008
Master_BossAdmin

ありがとう

Share on Facebook

やっとブログ更新!お久しぶりです。
昨日の日曜日まで3泊4日でTDLに家族と行って来ました。
子供たちの誕生日が3月1・2日であり
上の姉ちゃんが、今度小学校に入るので
その褒美と、嫁への飴をかねての旅行となりました。
子供・嫁共喜んでいる姿を見て私なりには良かったと思っています。
ただ残念なことはTDRの方はアルコールが無かったこと
これはダメです。
いくら夢の国とはいえ、世の中のお父さんには
夢を見るなということかと感じました。ちっ(怒った顔)
でも酒を飲むと酔っ払う人が多く、酒に飲まれる人が
沢山いるせいだろうとも思ったし、アルコールを飲むと
どうしても長居してしまうので回転率をあげるためかなとも思いました。もうやだ〜(悲しい顔)
どの理由にせよ、おかげで私は、ホテルまでアルコールにありつけず
帰ってからようやくビールを飲んで一息を付く
(テーマパークにはアルコールは必要)そんな2日間でした。
ちなみに3日目はTDSのほうなので、ビールにはありつけましたが・・・手(グー)
さて本題ですが、TDLのサービスはものすごいと聞いていましたが
約10年ぶりに行くと確かに違う(私の感じ方が変わっただけかもしれませんが)
TDLで働いている人はもちろん、バスの運転手
モノレールの案内人、そして駅のホームの人まで
徹底したサービスです。
これはすごいの一言です。
さすが一度TDLに行くと他のテーマーパークには行けないと言われるなと感心しました。
そしてそこから教えられることが沢山あり、
私なりに、TDLに行って、肌で感じる事ができたことが
非常に良かったと思えます。
この経験を会社に生かし、是非数年後もう一度TDLに行って
私なりに今回と違うことを感じ取りたいと思います。
その夜、無事家に帰り、お風呂に入ると、
ふと浴槽の栓が気になり、湯船ぎりぎりまで目を近づけて
見ると、かなりその栓が大きく
そしてリアルに見ることができました。
(是非一度見てください)
何故かものすごい感動です。
毎日見ているその栓がこんなにも、新鮮に写ったのは
疲れのためか、それともたまたま足元を見ることを
しなかった自分がいて、それに気がついたためなのか
そんなことを(浴槽の栓)を見て考えてしまいました。
【足元を見る】そんな当たり前のことを
忘れていた自分に気がつかしてくれたTDLにもう一度
感謝です。
でももう一度言います。
世の中のお父さんだってTDLで夢を味わいたい。
そのためにはアルコールは必要です。

親分プロフィール

若松 高美
株式会社ハウスサービス 代表取締役
一級建築士


香川県東かがわ市で地元に根ざしたホームづくりをしています。
「家づくり」を仕事としていますが私は「家」を「商品」とは呼びたくはありません。 家づくりは生活の根本である「家庭」づくりです。家があって庭があって人がいて笑いがあって涙があって、そして家族の思い出が詰まった場所、それが家庭です。だから私は「商品」と呼ばないのです。
私はそんな「家庭」づくりの一部にたずさわった仕事をしていることに誇りを持っています。



ハウスサービス

夢空館

CATEGORY